HOME > サービス情報

訪問看護とは

 訪問看護とは、看護師などが居宅を訪問して、主治医の指示により行う看護(療養上の世話及び診療の補助)です

 あき訪問看護は、下記のようなサービスはもちろん行っていきますが、 特にリハビリに強いステーションを目指しております。
 これには、入院期間の短縮、病院でリハビリを行う時間がだんだん少なくなっていく時代背景を踏まえ、 病院にかわり自宅にてリハビリを行っていただけるように考えているからです。

サービス内容

1、療養上の世話:拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄など
2、病気や障害の状態、血圧・体温・脈拍、その他必要に応じ、観察指導を行います。
(たとえば、呼吸・腹部音、血中酸素濃度など)
3、ターミナルケア。がん末期や終末期でも自宅で過ごせるお手伝いします。
4、在宅でのリハビリテーション
  拘縮予防や機能の回復、嚥下機能訓練等
5、家族等への介護支援・相談
6、医師の指示による医療処置
7、医療機器の管理(在宅酸素、人工呼吸器など)
8、床ずれ予防・処置 9、認知症ケア 事故防止など、認知症介護の相談・工夫をアドバイス
10、介護予防。低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイス

医療処置など

・点滴、中心静脈栄養、持続皮下注入
・酸素療法
・人工呼吸器、気管切開
・モニター(心拍・酸素飽和度)
・経鼻チューブ、胃ろう、腸ろう
・人工肛門(ストーマ)
・膀胱留置・カテーテル
・浣腸・摘便
・褥創の処置
・服薬管理、麻薬管理
・神経・筋疾患・療養者
・重傷心身・障害児者
・在宅での看取り(ターミナルケア)


あき訪問看護 各種様式

・訪問看護指示書
・訪問看護特別指示書